看護師からの転職

看護師からの転職

看護師資格を持っている人間は必ず看護師をしなければいけないというわけでもありません。単純に看護師以外の職業がたくさんあるのは当たり前の話ですが、看護師資格を活かしつつも看護師ではない職業というものも結構存在します。

 

直接の医療現場ではないものの、看護師資格や医療現場での経験が役立つ業界としてはまず、「新薬開発」「臨床開発」という分野が挙げられます。薬剤の開発には、実験室や研究室で基礎的なデータを取っている段階と、実際に市販の医薬品として認可され流通する段階の間に、限定された参加者を対象に人間での実地データを収集して安全性や効力を確認する段階が存在します。この段階の事を「臨床開発」と呼び、ここには多くの医療関係スタッフや薬品関係スタッフが関係します。そのスタッフの中には「CRC(治験コーディネーター)」という職業や、臨床検査技師などの看護師から転職する事が多い職種が有ります。また、そうした職種で臨床開発の経験を積むと、さらに「臨床医開発モニター」などの職に転職することも可能です。

 

看護師は医療従事者であると同時に、人格的な面での資質もかなりのレベルで要求される職業です。看護師として資格を取っても根本的なレベルで「向いてない」と感じることはありうるでしょう。根が研究職向きといった具合に、性格的な資質が看護師に合わない場合に医療技術者としての経験を活かしつつ、看護師の仕事とは大きく異なる仕事が出来るこうした臨床開発関係職は、転職先として有望といえるでしょう。


このページの先頭へ戻る